Windows ADK 1903 インストール
画像

Microsoft Windows ADK (Assessment Deployment Kit)は、Windows オペレーティング システムのカスタマイズ、評価、新しいコンピューターへの展開に使用できるツールが数多く用意されている。

Windows PE(プリインストール環境)は、PCベンダなどが出荷前の PCに Windowsをインストールする作業のために使うOSであり、機能を絞り込むことで、ハードディスクにインストールせずに、ネットワークや CD/DVD/USBなどから起動できる点が大きな特長である。またプリインストール以外にも、リカバリや診断など幅広く役立つツールであることは間違いないだろう。

Windows 10 バージョン 1809 以降では、Windows PEは Windows ADKとは別にリリースされており、Windows PEをADKインストールに追加するには、ADK用の Windows PEアドオンをダウンロードし、ADKをインストールした後に付属のインストーラーを実行するようになった。この変更により、ADKのツールに対する RTM後のアップデートが可能になる。

ここでは「Windows ADK for Windows 10、バージョン 1903」のインストール方法を、画像を用いながら初心者でもわかりやすいように、手順を追って説明することにする。

Windows PE のインストール方法は ➡ Windows PE アドオン 1903 インストール

1、過去の ADK および PE のアンインストール

過去の Windows ADK および Windows PE がインストールされている場合は、コントロールパネルから削除する。

下の画像では、過去の Windows ADK および Windows PE がインストールされているため、ポイントして選択し、上部のアンインストール、または右クリックしてコンテキストメニューのアンインストールをクリックする。

アンインストールが終了したら必ず Windows を再起動する。

画像
2、ADK および PE のダウンロード

Microsofft ハードウエア デベロッパー センター 以下にアクセスして、 Windows ADK 1903 および Windows PE を任意の場所へダウンロードする。

Windows ADK for Windows 10、バージョンが 1903 のダウンロード

ADK 用の Windows PE アドオンのダウンロード

Microsofft ➡ Windows ADK および PE アドオンのダウンロード

画像

下の画像は、ダウンロードした Windows ADK 1903 および Windows PE アドオンである。

adksetup.exe ( Windows ADK 1903 )

adkwinpesetup.exe ( Windows PE アドオン)

画像
3、Windows ADK 1903 のインストール手順

ここからは、Windows ADK 1903 のインストール方法を、手順を追って説明する。

▶ 手順1

ダウンロードした、Windows ADK [adksetup.exe] をダブルクイックして実行する。

最初に、インストール場所の指定のダイアログメニューが表示される。

[ ◉ このコンピューターに Windowsアセスメント & デプロイメント キット・・・] のラジオボタンにチェックを入れる。

インストール場所を変える場合は、[参照] をクリックして変更する。

[次へ]をクリックする。

画像

▶ 手順2

Windows キット プライバシーのダイアログメニューが表示される。

「使用状況データを Microsoftに送信しますか?」のラジオボタンの [ ◯ はい] または [ ◉ いいえ] のいずれかにチェックを入れる。

[次へ] をクリックする。

画像

▶ 手順3

使用許諾契約のダイアログメニューが表示されるため、内容を確認する。

同意できれば、[同意する] をクリックして次へ進む。

画像

▶ 手順4

インストールを行う機能の選択のダイアログメニューが表示される。

[ ☑ Deployment Tools] は、Windows PE 起動メディア作成を目的としているため、ここではチェックボックスにチェックを入れる。

[ ☑ User State Migration Tool (USMT)] は、ユーザープロファイルを 32ビットコンピューターから 64ビットコンピューターに移行でき、ユーザーファイルやオペレーティングシステムの設定、アプリケーションの設定などのデータを、新しい Windowsがインストールされたコンピューターに移動する機能があり、パソコンの更新や交換の際にとても便利なツールである。

なお、USMT をインストールしなければ、Windows PEのインストール時に x64-x86_en-us.msi をインストールしなければならないため、ここではチェックボックスにチェックを入れてインストールする。

参考、他機能の選択はインストール後でも簡単に変更できるため、使用目的の機能のみ選択する。

[インストール] をクリックする。

画像

▶ 手順5

ユーザーアカウント制御のダイアログメニューが表示されるため、[はい] をクリックして次へ進む。

画像

▶ 手順6

機能をインストールしています... のダイアログメニューが表示されるため、インストールが終了するまで待機する。

画像

▶ 手順7

インストールが終了すると、[・・・ - Windows 10 へようこそ] のダイアログメニューが表示される。

[ ☑ ファーストステップガイドを起動する] のチェックボタンにチェックを入れる。

起動しない場合は、チェックを入れない。

[閉じる] をクリックする。

画像

▶ 手順8

前記でファーストステップガイドを起動するにチェックを入れた場合は、Microsoft ウェブサイトのキットとツールの新機能が表示されるため確認する。

画像
3、次は Windows PE アドオン のインストール

このページでは、「Windows ADK 1903」のインストール方法を説明してきたが、冒頭で記したようにバージョン 1809から ADKと PEは別々にインストールするようになった。そのため「Windows ADK 1903」のインストール後に、「Windows PE アドオン」のインストールを実施する必要がある。

Windows PE アドオンのインストール方法は ➡ Windows PE アドオン 1903 インストールを参照。

page_top