マウスのダブルクリックをシングルクリックに変更する
【 更新日:2019年06月13日 】

パソコンで多くの作業をしている場合、マウスでダブルクリックを繰り返していると、手首が疲れて腱鞘炎になってしまう。そこで、ダブルクリックをシングルクリックにすると、おおむね半分のクリック操作で済むので、マウス操作のみで考えた場合、腱鞘炎になる可能性は約2分の1に軽減できることになる。また、ダブルクリックが不得意な方や不慣れな初心者の方もマウス操作が容易に行えるようになるが、クリックミスは注意が必要になるだろう。

シングルクリックとは、フォルダーやファイルなどを開く、またはファイルを実行する場合、マウスを1回クリックすることをいう。Windows のデフォルトは、フォルダーやファイルを開く場合など、ダブルクリックといい2回クリックするように設定されているが、シングルクリックにカスタマイズできるように設定されている。

このページでは、Windows 10 のマウスのダブルクリックをシングルクリックにカスタマイズする方法を、分かりやすく記すことにする。

※ Windows 10のバージョンによって、画面や操作手順などが多少異なる場合がある。

1、コントロールパネルを開く

Windows 10 では、コントロールパネルを開くには複数の方法が設定されている。ここでは次の A と B の2つの開く方法を記す。

Α 下画像のように GUI画面から開く。

[ スタートボタン ] ➡ [ Windows システムツール ] ➡ [ コントロールパネル ]をクリックする。

Β コマンドで開く。

[ Windows ]+[ R ]キーを押し、ファイル名を指定して実行ダイアログを開き、名前のフォーム内に control と入力して [ OK ]をクリック、または[ Enter ]キーを押す。

2、エクスプローラーのオプションを開く

コントロールパネルからエクスプローラーのオプションを開くには、下記の方法で開く。

[ デスクトップのカスタマイズ ]をクリックする。

[エクスプローラーのオプション ]をクリックする。

3、クリック方法をカスタマイズする

エクスプローラーのオプションのダイアログが開いたら、下画像と同じ設定をする。

[ 全般 ]タグをクリックする。

クリック方法 [ ○ ➡ ◉ ポイントして選択し、シングルクリックで開く ]のラジオボタンをクリックして選択する。

次に、 [ ○ ➡ ◉ ポイントしたときにのみアイコン タイトルに下線を付ける ]のラジオボタンをクリックして選択する。

設定が終わったら、[OK]をクリックして設定を終了する。

4、マウスの作動を確認する

すべて終了したらカスタマイズできているか、フォルダーなどをポイントおよびクリックして確認する。

フォルダーまたはファイルをマウスでポイントすると、フォルダー名またはファイル名に下線が表示され、シングルクリックで操作可能になっている。

※ 下の画像では、マウスポインターのデザインが黒色の指マークになっているが、ポインターのデザインはカスタマイズできる。

page_top