Windows 10 ADK 1809 インストール

画像

Microsoft Windows ADK (Assessment Deployment Kit) は、Windows オペレーティング システムのカスタマイズ、評価、新しいコンピューターへの展開に使用できるツールが数多く用意されている。

Windows PE (プリインストール環境)は、PC ベンダなどが出荷前の PC に Windows をインストールする作業のために使う OS であり、機能を絞り込むことで、ハードディスクにインストールせずに、ネットワークや CD/DVD/USB などから起動できる点が大きな特長である。またプリインストール以外にも、リカバリや診断など幅広く役立つツールであることは間違いないだろう。

Windows 10 バージョン 1809 以降では、Windows PE は Windows ADK とは別にリリースされており、Windows PE を ADK インストールに追加するには、Windows PE アドオンをダウンロードし、ADKをインストールした後に付属のインストーラーを実行するようになった。この変更により、ADK のツールに対する RTM 後のアップデートが可能になる。

ここでは「Windows 10 ADK Version 1809」のインストール方法を、画像を用いながら、初心者でもわかりやすいように、手順を追って説明することにする。

「 Windows PE 」をインストールする方法は ➡ Windows PE アドオン インストールを参照。

1、 ADK および PE のダウンロード

Microsoft のダウンロードサイト下記にアクセスして、 Windows ADK 1809 および Windows PE を任意の場所へダウンロードする。

Microsoft ➡ Windows ADK のダウンロードとインストール

ADK for Windows 10、バージョンは 1809

バージョンは 1809 ADK の Windows PE のアドオン

画像

下の画像は、ダウンロードした Windows ADK 1809 および Windows PE である。

adksetup.exe ( Windows ADK 1809 )

adkwinpesetup.exe ( Windows PE )

画像
2、Windows 10 ADK のインストール

ここからは、Windows 10 ADK 1809 のインストール方法を、手順を追って説明する。

手順1、[adksetup.exe] をダブルクイックして実行する。

最初に、インストール場所の指定のダイアログメニューが表示される。

[○ このコンピューターに Windows アセスメントを・・・] のラジオボタンにチェックを入れる。

インストール場所を変える場合は [参照] をクリックする。

[次へ] をクリックする。

画像

手順2、Windows キット プライバシーのダイアログメニューが表示される。

「使用状況データを Microsoft に送信しますか?」のラジオボタンに [○ はい] または [○ いいえ] のチェックを入れる。

[次へ] をクリックする。

画像

手順3、使用許諾契約のダイアログメニューが表示されるので、内容を確認する。

同意できれば、[同意する] をクリックして次へ進む。

画像

手順4、インストールを行う機能の選択のダイアログメニューが表示される。

ここでは、とりあえず Windows PE 起動メディア作成を目的としているため、[□ Deployment Tools] のチェックボックスのみにチェックを入れる。

参考、機能の選択はインストール後でも簡単に変更できるため、使用目的の機能のみ選択すること。

[インストール] をクリックする。

画像

手順5、ユーザーアカウント制御のダイアログメニューが表示されるため、[はい] をクリックして次へ進む。

画像

手順6、機能をインストールしています... のダイアログメニューが表示されるため、インストールが終わるまで待つ。

画像

手順7、インストールが終了すると、[・・・ - Windows 10 へようこそ] のダイアログメニューが表示される。

[□ ファーストステップガイドを起動する] のチェックボタンにチェックを入れる。

起動しない場合は、チェックを入れない。

[閉じる] をクリックする。

画像

手順8、上記で起動するにチェックを入れた場合は、Microsoft ウェブサイトのキットとツールの新機能が表示されるため確認をする。

画像
3、最後に

このページでは、「Windows ADK 1809」のインストール方法を説明してきたが、冒頭にも記したようにバージョン 1809 から ADKと PE は別々にインストールするようになった。そのため「Windows ADK 1809」のインストール後に、「Windows PE add-on」のインストールを実施する必要がある。

「Windows PE add-on」をインストールする方法は ➡ Windows PE アドオン インストールを参照。

page_top