Windows 10 システム構成から セーフモードを起動する
画像

パソコンの動作が不安定になり正常に起動できない場合は、Windows をセーフモードで起動することで、不安定な原因が特定されることがある。

セーフモードとは、Windows に設けられた補助的な起動で、Windows の起動機能を限定して必要最小限のシステム環境でパソコンを起動して、Windows の不安定な動作を診断しようとする起動モードである。

ソフトウェアやハードウエア、またはウイルスなどに起因して Windows が通常起動しない場合、セーフモードで起動し、起因の対象物を探して変更または削除することで、通常起動に戻せる可能性がある。
しかし、セーフモードで起動できても起因を特定できないこともある。また、特定できても変更や削除できないこともあり、必ず復旧できるとは限らない。その場合は、他の方法を考える必要がある。

Windows 10 では起動の高速化などの理由により、Windows 7 以前のように起動時にキーボードの[F8キー]を押しても、起動方法を選択する画面が表示されないようになった。

そこで、Windows 10 のシステム構成から、セーフモードを起動する方法を、画像を交えながら初心者にも分かりやすく記していくことにする。

‎関連記事

設定から セーフモードを起動する方法

再起動して セーフモードを起動する方法

コマンドで セーフモードを起動する方法

1、システム構成から セーフモードを起動する方法

Windows 10 は複数のセーフモード起動方法があるが、ここではシステム構成から、セーフモードを起動する方法を記していくことにする。

それでは、開始前にすべての外付けデバイス (HDDやUSBメモリなど) を外し、キーボードとマウスおよびモニターのみにする。

※ 参考

Windows 8/10 では、外付けデバイスを取り外しただけで正常起動する場合がある。その場合はこちらの ➡ [高速スタートアップを無効] が参考になるだろう。

[スタートボタン] [右] クリックする。

[ファイル名を指定して実行] をクリックする。

画像

表示された名前(O):のフォーム内に、[ msconfig ] を入力して、[OK] をクリックする。

画像

システム構成のダイアログメニューが表示されるため、下記の順に設定する。

注意事項

下記の設定を行った場合は、常時セーフモードで起動する設定になるため、通常モードで起動する場合は、以下の設定を解除する必要がある。

[ブート] タグをクリックする。

[☑ セーブ ブート] のチェックボックスにチェックを入れる。

[タイムアウト] 必要な場合は、タイムアウトまでの秒数を半角数字で入力する。

[OK] をクリックする。

画像

システム変更のダイアログメニューが表示されたら、[再起動を] をクリックする。

画像
2、セーフモードでログオンする

セーフモードで起動した場合はユーザー名が表示され、その直下にログオンのパスワード入力フォームが表示さてる。

フォーム内に、ログオンの [パスワード] を入力し、[Enterキー] を押す。

画像

パスワード入力後、セーフモードのデスクトップ画面が表示され、画面の四角にセーフモードの文字が見て取れる。

さて、Windows の問題解決はこれからだ、頑張っていこう!

画像
3、システム構成の設定を元にもどす

前記注意事項で記したが、Windows の不具合を修復した場合、システム構成をセーフモード起動から通常モード起動にもどさなければ、いつまでもセーフモード起動するようになる。

前記の設定同様、[ファイル名を指定して実行] のフォーム内に [ msconfig ] を入力し、システム構成のダイアログメニュー内の設定を元にもどす。

[ブート] タグをクリックする。

[▢ セーブブート] のチェックボックスのチェックを外す。

[タイムアウト] 必要な場合は、タイムアウトまでの秒数を半角数字で入力する。

[OK] をクリックする。

画像

最後に、システム構成のダイアログメニューが表示されたら、[再起動] をクリックすると、通常起動する。

画像
page_top