Windows10 バックアップデータ削除
【 作成日:2019年03月10日 】

Windows10は、万が一のトラブルに備えて、システムイメージのバックアップおよびファイル履歴を使用してバックアップの2種類がある。

システムイメージのバックアップは、Windowsのドライブ全体をシステムイメージとして、現在のパソコンの状態をそのままバックアップする。トラブルが生じた場合は、バックアップした時点の状態にそっくり戻せる

ファイル履歴を使用してバックアップは、パソコン上のドキュメント、ビデオ、ミュージック、ピクチャなどの各フォルダに保存されているファイルをHDDやUSBメモリなどにバックアップする。このバックアップは設定で有効にすることができ、設定に従って自動バックアップされる。また、手動でバックアップすることもでき、ファイル履歴でバックアップしたデータは、個人用ファイルの復元で戻せる。

これらのバックアップは非常に便利な機能だが、近年のWindowsやアプリケーションの容量は大きく、同じドライブ内にバックアップを繰り返していると、すぐに肥大化してドライブを圧迫してしまう。

ここでは、ファイル履歴を使用してバックアップしてあるバックファイルの削除方法を、画像を交えながら記していくことにする。

※ ‎関連記事
Windows10 のシステムイメージのバックアップ方法
Windows10 のシステムイメージファイルの削除方法

1、操作手順

外付けドライブにバックアップを保存している場合は、開始前にパソコンにセットする。
[スタートボタン]から[設定]をクリックする。

Windowsの設定メニューで、 [更新とセキュリティ]をクリックする。

メニュー画面が変わったら [バックアップ]をクリックする。

※ 注意事項
バックアップのメニューで、[ファイルのバックアップを自動的に実行][オン]に設定している場合、直下の[その他のオプション]をデフォルトのままで運用していると、ドライブがすぐに肥大化してしまうので、バックアップの実行時間バックアップの保持などの間隔を変更設定する必要がある。
これらの変更設定については簡単に設定できること。また、今回は目的が違うので割愛する。

同じバックアップメニュー [[バックアップと復元]に移動]をクリックする。

ファイルのバックアップまたは復元メニューで、[領域を管理します]をクリックする。

バックアップによるディスク領域の使用方法の選択のダイアログが表示されるので、データファイルのバックアップ[バックアップの表示]ボタンをクリックする。

削除するバックアップの期間を選択しますのダイアログ、
削除したい[バックアップ期間]をポイントして選択する。
右側のボタン[削除]をクリックする。

このデータファイルのバックアップを削除しますか?と、警告のダイアログが表示されるので、[削除する]ボタンをクリックする。

バックアップ削除中のダイアログが表示される。

バックアップの削除が終了したら、[閉じる]ボタンをクリックして終了する。
他期間のバックアップも削除する場合は、同じ操作を繰り返し行う。

前のダイアログに戻る。
上記で削除したバックアップ期間が、完全に削除されていることを確認する。
右下の[閉じる]ボタンをクリックする。

バックアップによるディスク領域の使用方法の選択のダイアログに戻るため、[閉じる]ボタンをクリックして、ファイル履歴を使用してバックアップの削除を終了する。

2、最後に

ここまで、バックアップしてあるデータファイルの削除方法を記してきたが、冒頭でも記したように、このバックアップファイルはパソコンのデータなどにトラブルが生じた場合、ユーザーファイルの復元で戻せるため、非常に便利な機能である。

従って、最新のバックアップファイルは残しておく。または、全て削除した場合は他のドライブに、必ずバックアップしておくことをお勧めしたい。

page_top