ワンクリックでシャットダウン作成

Windows 10では、パソコンの電源を切るシャットダウンの方法は、マウス操作やショートカットキーなど、数多く設定されている。マウス操作のシャットダウンで最もスタンダードな方法は、スタートボタンからのシャットダウンだろう。しかし、マウスで2・3回突かないとシャットダウンしてくれない。また、ショートカットキーも最低2回はキーボードをたたかなければならない。確かにヒューマンエラーの防止対策にはなるだろう。

パソコンで作業をしていると、マウスやキーボード操作を「1回でも減らしたい!」と思うのは当然のことであろう。

そこで、今回はワンクリックでシャットダウンできるショートカットの作成を、初めての方でも分かるように、画像を交えながら記すことにする。

※ ワンクリックでゴミ箱のごみを削除したい場合は ➡ ワンクリックでごみ箱のごみ削除が参考になるだろう。

1、シャットダウンのショートカット作成

デスクトップの何もないところで右クリックし、コンテキストメニューを表示する。

コンテキストメニュー内の[新規作成]をクリックする。
さらに表示されたコンテキストメニュー内の[ショートカット]をクリックする。

表示されたダイアログの[参照]をクリックする。

Windowsのインストールドライブが C:\ の場合、
C:\Windows\System32\shutdown.exe をポイントして選択する。
[OK]をクリックする。

shutdown.exeの後に半角スペース開けて、[▢-s▢-f▢-t▢0]を入力する。
※ 例 [ C:\Windows\System32\shutdown.exe -s -f -t 0 ]
最後の[0][数字のゼロ]を表す。
[▢]は半角スペースを表したもので、入力しないこと。

※ 参考、使用したオプションの引数を示す。
[-s] : コンピュータをシャットダウンする。
[-f] : 実行中のアプリケーションを警告なしに閉じる。
[-t ?] : シャットダウンのタイムアウトを ? 秒に設定する。

入力ミスがないか確認し、[次へ]をクリックする。

上記の参照で[shutdown.exe]を選択するのが面倒な場合は、下の画像のように直接フォーム内に[ shutdown.exe -s -f -t 0 ]のみを入力すると、パスを勝手に付加してくれる。「先に書けよ!」「ハイ々々!」
パスの確認は、ショートカット作成後のプロパティーで確認できる。
[次へ]をクリックする。

フォーム内にショートカットの名前を付ける。ここでは[シャットダウン]と名付けた。
[完了]をクリックする。

ダイアログの裏に隠れていたショートカットが、ピョッコッ!と現れる。
このショートカットをダブルクリックすることで、シャットダウンできるが、「目標はワンクリックでシャットダウンする」ことである。目標はまだ達成していないので、もう少し手間をかける。

2、ショートカットアイコンの変更

詳細については下記3、に記すが、作成したショートカットアイコンをタスクバーにピン留めすることにする。
このままピン留めしても良いが、タスクバーのアイコンはショートカット名が表示されないので、何のアイコンか判断が付かなくなる。アイコンを自作しても良いが、Windowsのシステム内にちょうど良いアイコンが転がっているので、今回はこれを利用することにする。

作成したアイコンをマウスでポイントして右クリックする。

右クリックして表示されたコンテキストメニュー内の[プロパティ]をクリックする。

プロパティーのダイアログメニューが表示されるので、[ショートカット]タグをクリックする。
[アイコンの変更]をクリックする。

もしも、下画像の警告ダイアログが表示された場合は、[OK]をクリックする。

アイコン変更のダイアログが表れるので、メニュー内から下画像の[スイッチ]のアイコンを探しポイントして選択する。
[OK]をクリックする。

シャットダウンのプロパティーのダイアログに戻るので[OK]をクリックする。

作成したアイコンが、選択したスイッチのアイコンに変更される。

3、タスクバーにピン留めする

フォルダーのオプションでクリック方法を、[シングルクリック]に設定変更できる項目はあるが、変更すると全てがシングルクリックで作動してしまうので扱いにくくなる。

ここでは、今まで作成してきたショートカットをタスクバーにピン留めすることにする。タスクバーにピン留めしたショートカットは、設定を変更しない限りワンクリック(シングルクリック)で作動するようになる。

作成したアイコンをポイントして右クリックし、コンテキストメニュー内の[タスクバーにピン留めする]をクリックする。

全て完了
タスクバーにピン留めできたらマウスでドラッグし、操作しやすい位置に移動させておく。

最後に、全てのアプリケーションを終了させて作動を確認する。
もしも作動しない場合は、最初から見直す必要がある。

page_top