Win10 スリープ復帰時のパスワード省略
【 更新日:2019年03月30日 】

Windows 10では、スリープから復帰する際にパスワードの入力を省略できる。パスワードの入力を省略することで、スリープ復帰時にパスワードを求めるダイアログが表示されないため、復帰後すぐにパソコンを使用できる。

社内などで同じパソコンを複数人で使用している場合、スリープから復帰後すぐにパソコンを使用できてしまうので、セキュリティーは低下してデータへの不正アクセスが簡単にできてしまう。

しかし、自宅などのパソコンで自分だけが使用するパソコンであれば、一々パスワードを入力するのは苦痛になってしまう。このような場合は、パスワード無しの方が、途切れなく作業が進みストレスもなくなるだろう。

ここでは、Windows10のスリープ復帰時にパスワードを省略する操作手順を、パソコンが苦手な方でも理解できるように、画像を交えながら記していくことにする。

※ 起動時のパスワード省略は ➡ Windows10 起動時のパスワード省略を参照。

※ Windows10のインストールおよびアップデートなどの状況により、操作手順や表示画像などが若干異なる場合がある。

操作手順 1

[スタートボタン]をクリックし、スタートメニューを表示する。
スタートメニュー内の[設定ボタン]をクリックする。

※ [Windows]キーを押してもスタートメニューが表示される。

操作手順 2

[設定]のダイアログが表示されるので、[アカウント]をクリックする。

操作手順 3

アカウント設定のダイアログが表示されたら[サインイン オプション]をクリックする。

操作手順 4

[サインを求める]ダイアログが表示されたら、[しばらく操作しなかった場合に、・・・。]のプルダウンメニューをクリックする。

操作手順 5

プルダウンメニューの[ロックしない]を選択し表示する。

※ プルダウンメニューの[PCのスリープを解除する時間]を選択した場合は、スリープ復帰時にパスワード入力が必要になってくる。

操作手順 6

設定が完了したら、右上の[×]をクリックしてダイアログを閉じる。

これで、[Windows10のスリープ復帰時にパスワードを省略する操作手順]は全て終了である。

最後に、パソコンをスリープ状態にして、スリープ復帰時にパスワードの入力が求められないことを確認する。もしも、パスワードを求めるダイアログが表示される場合は、操作手順を最初から見直す必要がある。

page_top