パソコンを指定時間に再起動させる

Windowsのタスク スケジューラは、特定の日時または特定イベントの発生時に自動的に操作を実行するタスクをスケジュールすることができ、タスクの実行や無効化および変更、削除をライブラリ内から行うことができる。普通にパソコンを使用している場合はあまり必要ではないが、1日中パソコンを稼働させているサーバーなどは、リフレッシュのための再起動や、稼働させたくない時間帯での稼働停止のためのシャットダウンはどうしても必要になってくる。

ここでは、パソコンを「指定した時刻に自動的に再起動する基本タスクの作成に限定」して、GUI操作で画像を交えながら記す。

また、使用した画像はWindows10の画像であり、紙面の都合上画像の高さを縮小した画像が含まれる。

※ なお、指定した時刻に自動的にシャットダウンするタスクの作成は、こちらが参考になるだろう。

1、タスク スケジューラの起動

[コントロールパネル]を開き、[システムとセキュリティ]をクリックする。

[管理ツール]をクリックする。

[タスク スケジューラ]のショートカットをクリックすると起動する。

※ 最も簡単に起動する方法は、デスクトップの[PC(コンピュータ)]を右クリックして、[管理]から[タスク スケジューラ]をクリックする。

2、基本タスクの作成

タスク スケジューラが起動したら設定する。
[タスク スケジューラ ライブラリ]をクリックする。
[基本タスクの作成]をクリックする。

[基本タスクの作成]
[名前]のフォーム内に分かりやすい名前を付ける。ここでは、[指定時刻に再起動する]とした。
[次へ]をクリックする。

[トリガー]の設定
[いつタスクを開始しますか?]のラジオボタンにチェックを入れる。ここでは、[毎日]に設定した。
[次へ]をクリックする。

[毎日]の設定
[開始]のフォーム内にタスクを開始する[日時]を選択または入力する。
[次へ]をクリックする。

[操作]の設定
[プログラムの開始]のラジオボタンにチェックを入れる。
[次へ]をクリックする。

[プログラムの開始]の設定
[毎日]実行するプログラムを[参照]をクリックし、Windows内から選択する。

小窓が開くので、実行プログラムを選択する。
WindowsがCドライブの場合[C:\Windows\System32\shutdown.exe]をワン クリックして選択する
[開く]をクリックする。

プログラムの開始の画面に戻る。
[毎日]のフォーム内に[shutdown.exe]が選択されていることを確認する。
[引数の追加]のフォーム内に、[/r□/t□60□/f□/c□"指定時刻に再起動する"]を入力する。[□]は半角スペースであり、間違っても入力しないこと。
※ 引数のオプションについては下記表を参照すること。
[次へ]をクリックする。

※ 参考、オプションの内容は下記の通り。

設定した要約が表示されるので、設定項目を確認する。
今回設定した項目は、
[名前]指定時刻に再起動する。
[トリガー]毎日;毎日 3:00に起動。
[操作]プログラムの開始;C:\Windows\System32\shutdown.exe /r /t 60 /f /c "指定時刻に再起動する"
[完了]をクリックする。

3、タスクの確認および変更など

基本タスクの作成が完了すると、タスク スケジューラの初期表示に戻り、今回設定した[指定時刻に再起動する]のタスクの表示が見て取れる。

基本タスクの作成の設定変更などの方法を記す。
作成したタスク名をワン クリックする。
右側の操作フォーム内の[選択した項目]のプルダウン メニューをクリックすると、詳細項目が表示され、終了や削除などができる。
設定内容を変更する場合は、[プロパティ]をクリックすると編集小窓が表示されるので、変更したいタブから[編集]をクリックし、再編集ができる。

Windows10では、基本タスクの作成で設定した時刻になると、下画像のインフォメーションが設定した時間の間だけ表示され、タスクが実行される。また、表示右下の[閉じる]をクリックしても表示は消えるが、タスクは設定通り実行される。

page_top