HDSDR Ver:2.70 ショートカットキー 日本語

HDSDR Ver:2.70

HDSDR(HIGH Definition Software Defined RADIO)を日本では、ソフトウェアラジオまたはソフトウェア無線などと呼ばれ、広帯域受信を可能にしたWindowsで作動するフリーウェアソフトである。チューナーは、デコーダーチップに、RTL2832UのICが搭載されているUSB Dongle(ドングル)を使用するが、受信周波数はおおむね24MHzから1700MHzになるので、LF・MF・HF帯を受信するには周波数をコンバートすることで可能になる。

また、HDSDRの受信周波数とトランシーバの周波数を同期させるフリーウェアソフト「OmniRig」を使用すると、送受信が簡単に行えるようになる。

[OmniRig] の詳細は、➡ Omni-Rigのインストールと設定を参照。

HDSDRのショートカットキー日本語一覧表 Ver:2.70

Harro Ames(DL8VQ)氏のウェブサイト「HDSDR Keyboard Shortcuts 」から引用して翻訳した。HDSDRのバージョンは、2.70である。

[HDSDR Ver:2.76a のショートカットキー]は、➡ HDSDR Ver:2.76a ショートカットキー 日本語を参照。

※ 全てを試していないが、「お試しあれ!」

関   数  キーボード
 チューニングされた周波数にLO周波数を設定する(LO < - >チューンオフセットとみなす) C
 新しいLO周波数を入力する Ctrl + OまたはL
 新しい同調周波数を入力する Ctrl + TまたはT
 新しいクイックチューン周波数を入力(自動LO) Ctrl + QまたはQ
 高速周波数入力 1 - 9
 LO AとBの切り替え Ctrl + V
 周波数マネージャ+バンド Ctrl + B
 可視スペクトル帯域幅によるLO周波数の増加 Ctrl + PageUp
 可視スペクトル帯域幅によるLO周波数の低減 Ctrl + PageDown
 マウスホイールを選択 Ctrl + Homeまたはメニュー
 Tune周波数を上げる Ctrl + 上↑
 Tune周波数を下げる Ctrl + 下↓
 LO周波数を上げる Ctrl + 右→
 LO周波数を下げる Ctrl + 左←
 モードをAMに切り替えます Ctrl + A
 モードをCWに切り替える Ctrl + C
 モードをDRMに切り替える Ctrl + D
 ECSSにモードを切り替える Ctrl + E
 モードをFMに切り替える Ctrl + F
 モードをLSBに切り替えます Ctrl + L
 スイッチモードからUSB Ctrl + U
 NB - ノイズブランカー B
 NR - ノイズリダクション R
 ノッチフィルター(ビートキャンセル) N
 AGC(高速/中/低速/オフ) G
 ミュートオン/オフ M
 ボリューム + / -
 ウォーターフォール/スペクトルの入れ替え S
 折りたたみモード Shift + C
 ズームRFスペクトラム Ctrl + '+'
 RFスペクトラムのズーム解除 Ctrl + ' - '
 RFスペクトルを全帯域幅にリセットする Ctrl + 0
 FFT分解能帯域幅(RBW)を増やす Ctrl + '*'
 FFT分解能帯域幅(RBW)を小さくする Ctrl + '/'
 S-メーター校正:レベルを上げる Shift + Up
 S-メートル較正:減少レベル Shift + Down
 S-メーター校正:リセットレベル Shift + Home
 ZAP Z
 AFC F
 CWピーク P
 スペクトラム逆拡散 D
 RXとTXを切り替える スペース
 TXモード:CWキャリアトーンのオン/オフ切り替え Back
 WAVファイルを巻き戻す Shift + W
 WAVファイルのループを切り替える Shift + L
 WAVファイルを記録する Shift + R
 WAVファイルを再生する Shift + P
 再生/録音を停止する Shift + S
 再生/録音を一時停止する Shift + B
 ExtIO-DLLのGUIを表示する H
 HDSDRの開始/停止 F2
 HDSDRを最小化する F3
 HDSDRを終了する F4
 サウンドカード選択ダイアログを開く F5
 オープンサンプリングレートダイアログ F6
 オプションメニューを開く F7
 情報/更新 F9
 全画面表示 F11
 一時停止 Pause

page_top