KENWOOD CAT インターフェース 自作

画像

CATインターフェースは、PCとリグを RS-232C ケーブルで接続し、CAT 通信を行うことができるインターフェースである。最近の PC の M/B には RS-232C の端子は付いているが、寂しいことにリアパネルには RS-232C 接続コネクタが付いていない。しかし、接続コネクタを自作するか増設ボードを取り付ける、または USB シリアル変換ケーブルを使用すれば CAT 通信を行うことができる。

一方、KENWOOD のリグは RS-232C (COM) を装備したリグも多くあるが、ここでは RS-232C の装備はなく、代わりに ACC1 アクセサリー端子を装備しているリグと、PC の RS-232C を接続して CAT 通信ができる「CAT インターフェース」を自作する。

ACC1 アクセサリー端子を装備しているリグで確認が取れているのは TS-790/850/950 である。もしかすると他にも可能性はある。

1、回路図

PC 側の RS-232C の接続コネクタは、D-sub 9pin コネクタを使用する。KENWOOD のリグ側の CAT 信号は、ACC1 アクセサリー端子から取り出す。ここではデータをやり取りするだけのため回路そのものは至って簡単で、TXD と RXD と GND の 3本の信号だけあれば十分 CAT 通信ができる。

1、TXD(Transmit Data) 送信データ

2、RXD(Receive Data) 受信データ

3、GND(Ground) 信号用接地または共通帰線

DSR と DTR および RTS と CTS は、信号処理が許容オーバーするとフロー制御の働きをする。この端子同士が離れていると無信号の状態になるため、理論上はアクティブになるまで待ち続けることが予測される。しかし、この端子同士を結線すると送信許可信号を返すため、フロー制御が無視されて通信が行われることになる。また、RTS は回路の電源として利用する。

RS-232C の信号は TTL レベルで、マーク (H) が -15V ~ -3V、スペース (L) が +3V ~ +15V で、負論理の制御信号である。また、スレッショルド(閾値)電圧は ±3V 程度である。

KENWOOD の ACC1 の信号は TTL レベルで、マーク (H) が -5V、スペース (L) は 0V で、負論理制御信号である。RS-232C の信号レベルを考えると、レベル変換なしで直接接続できそうである。しかし、ここではあえて RS-232C インターフェース・デバイス IC ADM3202AN を使用する。このデバイスの作動電圧は +3.3V ~ +6.6V である。なお、NOTゲート回路のため、前記のことから再度論理信号を反転させる必要があり、TTL 汎用ロジック IC 74LS04 を使用する。この IC は NOT 回路を 6回路内蔵しているため、3台のリグを接続できるが、下記の回路図は 2台分まで記した。

リグの同時運用の可能性は低いが、同時運用は使用ソフトまたはリグの誤作動を誘発するため、1台ごとに火を入れて運用することになる。

これら両方のICは現在でも秋月電子通商などで入手可能である。

➡「ADM3202ANのデータシート.jpg

➡「74LS04のデータシート.jpg

画像
2、パーツの極性

下の画像は、ACC1 用 6ピンプラグおよび RS-232C D-sub 9 コネクタ(メス)基板用の極性およびピン配置を示す。なお、ACC1 用 6 ピンプラグはヤフオクで入手したが、ネットでググると出てくるようである。入手が困難な場合は自作するかリグのカバーを外し直結する。また、RS-232C D-sub 9 コネクタ(メス)の基板用が入手できない場合は、(オス)に変更するかパネル用を入手、またはジャンク品から外して使用する。


画像
3、パーツの取り付け

下の画像左は基板の裏側で、右は表側である。手抜きをして蛇の目基板にパーツを取り付けた。リグの ACC1 アクセサリー端子への接続はコネクタを使用すればいいのだが、ちょうどいいコネクタがなかったためケーブルを直付けにした。直付けにした場合ケーブルが動き断線の恐れがあるため、下の画像で見て取れるように、ケースへ組み込む前に基板へ取り付けると確り固定できる。

画像
4、ケースに収納

下の画像は、プラスチックケースを加工して、基板をケースに納めて配線を施したもので、ケースは、ELPA BOX02(BK)(W65×D100×H35)のプラスチックケースが手持ちにあり、加工が容易なために使用した。実際にこのような信号を扱うには、アルミケース等の金属筐体を使用するのが妥当だろう (*_*メ)。

画像

下の画像は、TS-950S を 2台接続するために、上記基板に ACC1 アクセサリー端子をもう1個追加し、回路図と同等に作成したものである。後付けした ACC 端子の通し穴が若干ズレているのが見て取れるが、作動には問題ないだろう。

画像
5、完成

下の画像は完成画像で、左がリグの ACC1 アクセサリー端子へ接続する面で、右画像が RS-232C D-sub 9 コネクタから、PC へ接続する面である。現在は、RS-232C 増設ボードを取り付け、RS-232C 延長ケーブルを使用して PC に接続している。勿論 USB シリアル変換ケーブルを使用することもできる。


画像

下の画像は、今回自作した「CAT インターフェース」を PC と KENWOOD TS-950S を接続して、LPB2(LP-Bridge Software)を媒体として、HDSDR および Turbo HAMLOG/Win を作動させている画像である。HDSDR のバンドスコープは、SDR 用受信ボックスを自作してリグの IF (中間周波数) を拾って表示している。

画像
6、最後に

近年リグも多様化してバンドスコープを表示するリグが店頭に並ぶようになってきたが、リグに付いているバンドスコープの表示部は物理的に小さくなってしまい見づらくなってしまう。少し手間をかければこのような大画面のバンドスコープが実現できる。

※ 参考
現在 TS-950S を 2台接続して運用しているが、SDR を楽しむには IF 信号もリグごとに必要になってくる。そこで、下記の簡易型接続器を自作して使用している。この回路にリグを同時接続すると、リグおよび SDR ソフトに誤作動を誘発するため、使用するリグだけ火を入れて運用している。事実上同じリグ 2台に火を入れて運用することはないと思うが、気になる場合はバッファを設ける。またはスイッチを付けて切り替えるなどの回路を考える必要がある。

下記回路と同じものを作成する場合は、カップリングコンデンサは必ず付加した方が安心だろう。IF 信号を扱う筐体は金属で作製するのが一般的である。しかし、この自作も手抜きしてプラスチックケースに納めたが、ノイズなどの混入もなく順調に作動している。

下記回路の接続方法は、IF 入力側にはリグの IF 出力を接続、IF 出力側にはドングル (TVチューナー) を接続する。

画像
page_top