右クリックメニューに「開く」項目を追加

Windows 7/ 8/ 8.1/ 10 で、コンテキストメニュー[右クリックで表示されるメニュー]に、開きたいソフトを登録しておくことで、簡単に素早く開くことができるようになる。ソフトの拡張子を既定のソフトとして設定させておくことはできるが、特に画像ファイルや文章ファイル等は、既定以外のソフトで開きたいときがある。そのソフトのショートカットや実行ファイルを探すのに時間がかかる。

そこで今回は、コンテキストメニューに開くソフト名の追加方法を、切り取り画像を交えながら初心者にも分かりやすいように説明する。
なお、Windows 10の切り取り画像を使用して説明をしているが、Windows 7/8 /8.1もほとんど変わらないので同じように追加できる。

1、レジストリをエクスポート

項目を追加するにはレジストリを編集するが、間違って編集してしまうとWindows が立ち上がらなくなってしまう。そこで、間違った場合に元に戻せるように、レジストリ編集前の基本ともいえるエクスポート[バックアップ]を必ず取っておく。

スタートメニューの[ファイル名を指定して実行]をクリックする、または、[Windows]キーを押しながら[R]キーを押すと検索ボックスが現れる。

参考

Windows 10はタスクバーまたはスタートメニューに、Windows 8/8.1は検索チャームに、Windows 7はスタートメニューに検索ボックスがある。

検索ボックスに半角文字で[regedit]と入力して、[OK]をクリックまたは[Enter]キーを押す。

参考

筆者の場合はレジストリを書き換えることが多いので、レジストリのショートカットをデスクトップに貼り付けてある。レジストリの実行ファイルの場所は["C:\Windows\regedit.exe"]。

[ユーザーアカウント制御]のダイアログが表示されるので、[はい]をクリックする。

レジストリエディッターが起動したら、上部メニューの[ファイル]から[エクスポート]をクリックする。

レジストリのエクスポートのダイアログが現れるので、保存場所を指定して[ファイル名]のフォーム内に任意の名前を付け、[OK]をクリックまたは[Enter]キーを押す。

参考

レジストリの編集後に不具合が出たらファイルメニューからインポートをクリックして、上記で名前を付けた保存ファイルを指定すれば元に戻せる。

2、レジストリにフォルダを追加

レジストリのツリー内で、コンピューター ➡ HKEY_CLASSES_ROOT*shellの[shell]フォルダに項目のフォルダを追加する。

● [shell]を右クリックし、表示されたメニュー内の、新規キーをクリックする。

[新しいキー #1]名のフォームが現れるので、[新しいキー #1]を削除して、コンテキストメニューに表示したい名前にリネームする。[Enter]キーを押すとリネームした名前で新しいフォルダが生成される。

参考

下の画像では、画像をペイントで開きたいため[ペイントで開く]と、入力したものである。

さらに入力したフォルダを右クリックし、表示されたメニュー内の、新規キーをクリックする。

前記同様に、[新しいキー #1]のフォームが現れるので、フォーム内に[command]とリネームし、[Enter]キーを押すと[command]フォルダが生成される。

ここでは、レジストリは閉じないで、このまま次の3、の項目へ移行する。

3、commandにパスを追加

コンテキストメニューに追加したいソフトの実行ファイル(拡張子が.exe)のパスを、前項目で作成したレジストリ[command]に記録する。

コンテキストメニューに追加したいソフトの実行ファイルを、[Shift]キーを押しながら右クリックすると、コンテキストメニュー内に[パスのコピー]または[パスとしてコピー]が表示される。[パスのコピー]の文字上をクリックすると、クリップボードに実行ファイルのパスがコピーされてメニューは閉じる。

参考

ショートカットのパスは使用できないため、ショートカットから実行ファイルの場所を探すためには、[ショートカットを右クリックショートカットタグファイルの場所を開く]をクリックする。

フォルダを追加したレジストリエディッターに戻り、作成した[command]フォルダをクリックすると右側のフォームに[(既定)]ファイルが現れるので右クリックする。現れたメニュー内の[修正]をクリックする。

文字列編集のダイアログが表示されるので、[値のデータ]のフォーム内に①でクリップボードにコピーしてあるパスを貼り付ける。貼り付けたパスの最後にスペースを半角空けて[ "%1" ]と半角文字で入力し、[OK]をクリックする。

参考

パスの貼り付け方は、フォーム内で右クリックし、コンテキストメニューから[貼り付け]をクリックする。または、フォーム内で[Ctrl]キーを押しながら[V]キーを押す。

実際に作成したパス[ "C:\Windows\System32\mspaint.exe" "%1" ]

これでレジストリの編集は終わったので、メニューから[レジストリエディターの終了]をクリックしてレジストリエディッターを終了する。

4、確認

最後に、開きたい実行ファイルやショートカットを右クリックして、コンテキストメニューに、作成した項目名が表示されているか確認してみる。確認できたら項目名をクリックしてソフトが立ち上がれば大成功である。もしも、うまくいかない場合は、最初から見直す必要がある。

互換性のないファイルを立ち上げようとしても、構成要素が違うと立ち上がらないので、良く確認してから実行すること。

page_top