LB-G1000 HDDをSSDに交換
画像

2008年10月22日に発売された、株式会社マウスコンピューター「LB-G1000」は、インテルの消費電力プラットフォームである、AtomuTM プロセッサーを搭載した NetBook で、クリアホワイトを取り入れたデザイン性に優れた筐体に、10.2インチの液晶を採用し、HDD は 160GB を搭載している。また OS は、Windows XP Home Edition を搭載し、当時のNetBook の欠点、液晶サイズの小ささ、表示解像度の低さ、記憶容量の少なさを解消するものであった。
しかし、Microsoft は、2014年4月9日に Windows XP のサポートとセキュリティ更新プログラム等の提供を終了してしまった。セキュリティの脅威は日々深刻化し、攻撃手法も変化を続けており、これらに対応するためには、サポートを受けられる Windows へ移行する必要がある。

早速、Windows 10 をインストールしてみたが、起動やWeb表示の動きが遅くて待ちきれない。そこで、これらのパフォーマンスを向上するために、内蔵の 160GB の HDD を SSD に交換することにした。

今回は、マウスコンピューター「LB-G1000」の HDD を SSD に交換する手順を、画像を交えて詳細に説明する。

下の画像は、HDD を SSD に交換する「LB-G1000」の横顔である。この画像を見ていると「早く替えて!」と言っているように見えてくる。

画像
手順1.

PC 本体のカバーを傷つけないような敷物をして、本体を裏返しにする。最初にバッテリーパックを外す。①および②のバッテリーロックレバーを同時に外側(矢印方向)へ引き、③のバッテリーパックを手前(矢印方向)に引く。

画像
手順2.

バッテリーのロックが外れたら、バッテリーパックを両手で手前(矢印方向)へ水平に真っすぐに引き出す。

画像
手順3.

バッテリーパックが入っていた本体の奥に、2か所のタッピングビス(赤丸の位置)が見えるので、ビスの頭部形状に合う小さなプラスドライバーで外す。

※ ビスの頭部形状に合わないドライバーを使用すると、ビスの頭部がかじってしまい使い物にならなくなる。

画像
手順4.

タッピングビスが外れたら、本体の裏カバーを上(矢印方向)に引き上げる。

画像
手順5.

裏カバーが上がったら(①の矢印方向)さらに45度程度上げると裏カバーのツメが外れるので、ゆっくり手前(②の矢印方向)へ引くと裏カバーが外れる。

※ 裏カバーを少し上げた状態で手前に引いてしまうと、ツメを折ってしまう。

画像
手順6.

裏カバーが外れると HDD(赤丸内)が顔を出す。

ここでは関係ないが、4GB に変更した DDR2 SO-DIMM PC2-5300 の内蔵メモリ(黄色の四角枠)も見て取れる。

画像
手順7.

HDD が 3か所(赤丸の位置)のプラスの皿ビスで固定されているので、プラスドライバーで外す。

画像
手順8.

3か所の皿ビスを外したら、SATA 信号および SATA 電源コネクターから HDD を抜くために、右側(①の矢印方向)へ押すと、コネクターから外れる感覚が手に伝わる。次は、下方向(②の矢印方向)へ押すと、HDD カバー取り付け部分の(赤丸の位置)が、本体カバーから出てくるようになるので、引き上げてホンタイカバーに預けて、次の 9、へ

画像
手順9.

HDD カバー取り付け部の(赤丸の位置)を本体に預けた状態で、HDD の左側を上(矢印方向)に持ち上げて本体から外す。

画像
手順10.

外した HDD には、カバーが付いているので、4か所の皿ビスを取るとHDDカバーが外れる。

画像
手順11.

①は、今回取り付ける SSD、②は、HDD を外したHDDカバー、③は、SSD に外したHDDのカバーを取り付けた画像である。

SSD にカバーを取り付ける際には、SSD のコネクターの方向を確認してから取り付ける。

画像
手順12.

SSD を本体へ取り付けて、裏カバーを取り付けたら、最後にバッテリーバックを元の位置へ左右均等に押し込む。すると、「カチッ!」と音がしてバッテリーロックが掛かり、交換終了である。

※ SSD の取り付けや裏カバーを取り付ける際にビス止めするが、力を入れて締めすぎるとビスがかじってしまうので、軽く締めること。

画像
最後に

今回は、内蔵の 160GB の HDD を 250GB の SSD に交換した。初心者でもこのページを見ながら簡単に交換できるので、後悔はしないと思う。SSD に交換してから Windows 10 をインストールして立ち上げてみたが、スイッチ ON にしてから40秒でスタートメニューが表示される。交換前は1分50秒掛かっていたので、約1/3の時間で立ち上がっていることになる。もちろん、Webサーフィンも驚くほど速い。このパフォーマンスを味わったらもう HDD には任しておけない。ぜひ挑戦してほしい。「もうとっくに交換しているよ!」「そっか!」

下の画像は、SSD に交換した「LB-G1000」を立ち上げた画像であるが、私に「ありがとう」と言っているように見える。

画像
page_top