Windows 8.1 CD 回復ドライブ作成手順

「回復ドライブ」とは、パソコンに問題が発生した場合、Windows が正常に起動できなくなることがある。そこで、「回復ドライブ」を事前に作成して、作成した「回復ドライブ」から Windows を回復するためのツールを起動し、トラブルシューティングを行い、Windows の修復を行うことができる。また、回復パーティションをバックアップしている場合は、「回復ドライブ」を使用してパソコンのリフレッシュや初期状態に戻すことができる。

Windows 8 以前は、CD/DVDメディアに、「システム修復ディスク」を作成できた。しかし、Windows 8.1 では、時代のトレンドで「システム修復ディスク」は無くなり、コンテンツは類似しているが、USB のみ作成可能にした「回復ドライブ」となった。

そこで、Windows ADK 8.1 の Windows PE をベースに、Windows 8.1 の「回復ドライブ」を、CD からブート可能にする「ISO ファイル」を作成する手順を記す。
パソコンに、Windows ADK 8.1 がインストールされていない場合は、「Windows ADK 8.1 インストール」を参照すること。

このページに表示されている画像は、Windows 8.1 のもので、ポインティングデバイスは、マウスを使用したものである。

手順 1、作業を簡素化するために、作業フォルダを作り、そのフォルダ内でISOファイルを作成する。以下に、手順を記す。

① 作業フォルダを、任意ドライブの直下に作る。ここでは、「D:\CDboot」とした。(命名は任意)

② 作成した「CDboot」フォルダ内に、事前に作成してある「USB回復ドライブ」内のフォルダおよびファイルのすべてをコピーぺーストする。
「USB 回復ドライブ」を作成していない場合は、「Windows 8.1 USB 回復ドライブ作成手順」を参考に作成する。

③ インストール済みの「Windows ADK」フォルダ内から、「etfsboot.com」ファイルを、「CDboot」フォルダ内にコピーぺーストする。

インストール場所がデフォルトの場合は、C:\Program Files (x86)\Windows Kits\8.1\Assessment and Deployment Kit\Deployment Tools\amd64\Oscdimg\etfsboot.com 👈 こんな所にある。
下の画像は、作成した「D:\CDboot」フォルダ内である。

手順 2、スタート画面を表示して、画面左下に表示されている「下矢印」をクリックし、アプリを表示する。DOS アイコンの「展開およびイメージングツール環境」を探し、ポイントする。

手順 3、ポイントしたら、右クリックメニューを表示させて、「管理者として実行(A)」をクリックする。

手順 4、ユーザーアカウント制御が表示されるので、「はい(Y)」をクリックする。

手順 5、直接「Deployment Tools」カレントディレクトリに飛び込み、プロンプトが表示され、DOS コマンド入力待ち状態となる。

手順 6、次のコマンドを入力して、「Enter」キーで確定する。
作業フォルダが、「D:\CDboot」の場合
oscdimg -n -h -l回復 -bD:\CDboot\etfsboot.com D:\CDboot D:\CDboot\CDbootdisk.iso
※ カスタマイズした場合は、”D:\CDboot” のみ環境に合わせる。

< [oscdimg]コマンドの簡略説明 >
Windows PE のイメージ ファイル (.iso) を作成するためのコマンドツール
フォーマットは、oscdimg [ options ](書き込み対象ディレクトリ)( ISO ファイル名)
[ options ]
ーn:長いファイル名を使用できる。
ーh:隠しファイルおよび隠しディレクトリを含める。
ーl:ボリューム ラベルを指定する。(ラベル名の間に間隔を開けない)
ーb:ブートファイルを指定する。(ルートの間に間隔を開けない)

手順 7、DOS 画面の中に、コマンド作業全容が表示され、緊張の瞬間である。「100% complete」になり、完了「Done」の文字が表示されたら成功である。

手順 8、最後に、「exit」を入力して、「Enter」キーで DOS を抜け出る。

手順 9、作成した作業フォルダ「D:\CDboot」を覗くと、ISOファイル「CDbootdisk.iso」が見て取れる。
この ISO ファイルを CD に焼き込めば、「CD 回復ドライブ」の完成である。

参考 1、CD に焼き込んだ内容を示す。(ファイルサイズは、289MB)
※ システムにより若干の違いはある。

参考 2、出来上がった「CD 回復ドライブ」を、CD ブートさせて、立上った初期画面である。

page_top