指定時間にシャットダウンさせる

Windowsのタスク スケジューラは、特定の日時または特定イベントの発生時に自動的に操作を実行するタスクのスケジュールができ、タスクの実行や無効化および変更、削除をライブラリ内からできる。普通にパソコンを使用している場合はあまり必要ではないが、1日中パソコンを稼動させているサーバーなどは、リフレッシュのための再起動や、稼動させたくない時間帯での稼動停止のためのシャットダウンなどはどうしても必要になってくる。

ここでは、パソコンを指定した時刻に自動的にシャットダウンするタスクの作成に限定して、GUI操作で画像を交えながら記す。

※ なお、指定した時刻に自動的に再起動する基本タスクの作成は、こちら ➡ [パソコンを指定時間に再起動させる]が参考になるだろう。

1、タスク スケジューラの起動

コントロールパネルの[システムとセキュリティ]をクリックする。

[管理ツール]をクリックする。

[タスク スケジューラ]のショートカットをクリックすると起動する。

※ 最も簡単に起動する方法は、デスクトップの[PC(コンピュータ)]を右クリックして、[管理]から[タスク スケジューラ]をクリックする。

2、タスクの作成

タスク スケジューラが起動したら設定に入る。

[タスク スケジューラ ライブラリ]をクリックする。
[タスクの作成]をクリックする。

[全般]のタブをクリックする。
[名前]のフォーム内に分かりやすい名前を付ける。ここでは、[指定時刻にシャットダウンする]とした。

※ 他の項目はデフォルト(画像同様)の通りとする。

[トリガー]のタブをクリックする。
[新規(N)]をクリックする。

[タスクの開始(G)]のプルダウンリストから[スケジュールに従う]を選択する。
必要な項目のラジオボタンにチェックを入れる。
[開始(S)]に日時を選択または入力する。
[間隔(C)]を入力する。(ここでは、1日を入力したが、1日間隔を開けるということではなく[毎日繰り返す]ことである。)

※ 他の項目はデフォルト(画像同様)の通りとする。

[操作]タブをクリックする。
[新規(N)]をクリックする。

[操作(I)]のプルダウンリストから[プログラムの開始]を選択する。

[プログラム/スクリプト(P)][参照(R)]から[C:\Windows\System32\shutdown.exe]を選択または入力する。

[引数の追加(オプション)(A)][/s /t 60 /f /c "指定時刻にシャットダウンする"]を、各引数間に半角スペースを開けて入力する。

※ 引数のオプションについては下記表を参照すること。

入力が終わったら確認後、[OK]をクリックする。

※ 他の項目はデフォルト(画像同様)の通りとする。

※参考 オプションの内容は下記の通り。

 引  数 内       容
 /s  シャットダウン
 /r  再起動
 /l  ログオフ
 /h  休止状態
 /a  シャットダウン中止
 /t ???  設定時刻からシャットダウンまでの時間(秒)
 /c "???"    シャットダウン時のメッセージ
 /f  実行中アプリの強制終了

上記[OK]をクリックするとタスクの作成の小窓に戻る。

変更および修正したい場合は[編集(E)]をクリックして行う。

間違いがなければ[OK]をクリックする。

※ 他のタグ[条件]および[設定]はデフォルトの通りとし、ここでは設定しない。

3、タスクの確認および変更など

タスクスの作成が終了すると、タスク スケジューラの初期表示になり、今回設定した[指定時刻にシャットダウンする]のタスクの表示が見て取れる。

最後に、設定したタスクの変更などの方法を記す。

作成したタスク名をクリックする。

右側の操作フォーム内の[選択した項目]のプルダウン メニューをクリックすると、詳細項目が表示され、終了や削除などができる。

設定内容を変更する場合は、[プロパティー]をクリックすると編集小窓が表示されるので、変更したいタブから[編集]をクリックし、再編集ができる。

Windows10では、タスクの作成で引数に設定した[設定時刻からシャットダウンまでの時間]の間に、下記のインフォメーションが表示される。また、表示右下の[閉じる(C)]をクリックしても表示は消えるが、タスクは設定通り実行される。

page_top