パソコン起動時にソフトを自動起動

Windowsのタスク スケジューラは、特定の日時または特定イベントの発生時に自動的に操作を実行するタスクをスケジュールすることができ、タスクの実行や無効化および変更、削除をライブラリ内から行うことができる。1日中パソコンを稼動させているサーバーなどは、リフレッシュのためなどに再起動が必要になってくる。また、せっかちな人はパソコンの起動と同時に複数のソフトを立ち上げたいと思うだろう。そのようなときはどうしてもタスクのスケジュールが必要になってくる。

ここでは、「パソコの起動と同時に、指定したソフトを自動的に起動するタスクの作成に限定」して、GUI操作で画像を交えながら記す。

1、タスク スケジューラの起動

コントロールパネルの「システムとセキュリティ」をクリックする。

「管理ツール」をクリックする。

「タスク スケジューラ」のショートカットをクリックすると起動する。

※ 最も簡単に起動する方法は、デスクトップの「PC(コンピュータ)」を右クリックして、「管理」から「タスク スケジューラ」をクリックする。

2、タスクの作成

タスク スケジューラが起動したら設定に入る。

「タスク スケジューラライブラリ」をクリックする。

「タスクの作成」をクリックする。

「全般」のタブをクリックする。
「名前」のフォーム内に分りやすい名前を付ける。ここでは、「Photoshop AutoStart」とした。

※ 他の項目はデフォルト(画像同様)の通りとする。なお、管理者権限で自動起動する場合は、「□ 最上位の特権で実行する(I)」にチェックを入れる。

「トリガー」のタブをクリックする。
「新規(N)」をクリックする。

「タスクの開始(G)」のプルダウンリストから「ログオン時」を選択する。
「OK」をクリックする。

※ 他の項目はデフォルト(画像同様)の通りとする。

「操作」タブをクリックする。
「新規(N)」をクリックする。

「操作(I)」のプルダウンリストから「プログラムの開始」を選択する。
「プログラム/スクリプト(P)」のフォーム内にプログラムルートを入力する。または、「参照(R)」をクリックする。

ここでは、「参照(R)」をクリックして起動ソフトを設定する。

❶ 起動したいソフトのエクゼファイル(実行ファイル)を選択する。
❷ 間違いがなければ「開く(O)」をクリックする。

❶ 新しい操作の小窓に戻るので、フォーム内に開かれたファイルを確認する。

※ フォーム内に全てのパスが見えていない場合は、フォームをクリックして「→ kye」でスライドすると右端まで確認できる。

❷ 確認できたら「OK」をクリックする。

「全般」のタグをクリックする。
「OK」をクリックしてタスクの作成を終了する。

3、タスクの確認および変更など

タスクの作成が終了すると、タスク スケジューラの初期表示になり、今回設定した「Photoshop AutoStart」のタスクの表示が見て取れる。

最後に、タスクの作成の変更などを行う場合の手順を記す。

❶ 作成したタスク名をクリックする。
❷ 右側の操作フォーム内の「選択した項目」のプルダウンメニューをクリックすると、詳細項目が表示され、終了や削除などを行う事ができる。スケジュールの変更を行う場合は、「プロパティ」をクリックして再編集を行う。

page_top