マイクアンプ用外部電源の自作

アマチュア無線の通信終了後に無線機の電源はOFFにするが、マイクアンプの電源をOFFにするのを度々忘れてしまうので、電池の容量が減り長持ちしない。そこで、一次電源を利用して大元のAC電源を落とすと同時にマイクアンプの電源がOFFになるようにする。また、電池が切れても簡単に電池の取り換えができるように外部電源にする。

1. 考案

① マイクアンプ電源のON/OFFはリレーを使用するので、一次側の電源はリレーの定格電圧電流に合わせる。今回は、使用しなくなった携帯電話機充電用で出力電圧DC5.4V、MAX電流800mAのアダプタを利用する。使用したリレーは、ジャンク箱の中に転がっていた「FBR240シリーズD005」定格電圧DC5Vで定格電流は約100mAである。

② 二次側のマイクアンプ用出力電源は、DC1.5Vの単三電池2個をシリーズ接続してDC3Vの低電圧とする。電池を使用する理由は簡単で、ハム音に悩まされないことである。

③ サージ保護用ダイオードは低電圧のため電源電圧の2〜3倍で良いので何でも使えるが、手元にあった東芝の1S1588を使用する。

④ フェライトコアは、手持ちのKitagawa RFC-4(適用ケーブル外径3.5m〜4.4m)に2ターン巻いて、おまじないのつもりで入れる。

⑤ ケースに納めた方が良いので、今回使用するケースは電池ケースがピッタリ納まるTAKACHISW-120(W120×D60×H24)を使用する。

2. 手書きノート

● 左はリレーの内部配線、右は配線図

3. ケースに納める

● 配線は、半田ごてを低温で温めて、リレーの足に直付けする。

4. 完成品

● ケースに納めてふたをしたところ、電源アダプタおよびCDプラグが確認できる。

この外部電源を使用すれば、大元のAC電源を切り忘れない限り、「さあ!無線ごっこしましょう。あれれ〜マイクアンプの電池が切れてる!」ということが無くなるかな?。


page_top