マイク切替器 自作

アマチュア無線機に使用する1台のマイクを、複数の無線機に使用する切替器を自作する。

長きにわたってアマチュア無線を楽しんでいると、無線機がどんどん増えてしまい無線機の置き場さえなくなってしまう。そのような中で、マイクを無線機の台数分だけ用意すると大変なことになってしまうので、1台のマイクを数台の無線機に使用する切替器を自作する。

1. 考案

① 1台のマイクを、6台の無線機に使用する。

② 最近の無線機のマイクコネクタは、おおむね8系統の信号コントロール端子があるが、メーカーによってそれぞれ信号端子が異なるので、一カ所で6台をコントロールするには回路が複雑になり自作は大変になる。そこで、今回はマイク端子とPTT端子の2系統を切り替えることにして、他のコントロールは無線機側で行うことにする。

③ 無線機の切り替えは、ロータリースイッチを切り替えることにより、リレーの一次側をコントロールして、リレーの二次側でマイク端子およびPTT端子を切り替える。

④ マイクアンプは、無線機に付いているので基本的には必要ないが、交信中にどうしてもマイクロフォン側でコントロールしたい時があるので、マイクアンプを付けてゲインコントロールをする。

⑤ マイクアンプの電源を自作すると、ハム音などのノイズに悩まされるので乾電池を内蔵する。リレーの電源に同じ乾電池を利用すると便利だが、電池の消耗が早く取り換えが面倒なため外部電源を利用して2系統の電源にする。

2. 手書きノート

コンデンサーの容量や抵抗値は、使用するパーツにより決定する。

<画面上でクリック拡大>

3. 切替器内部

アルミケースに組み込んで配線を終えたところ。マイクアンプ等は下部に配置して、上部にリレーコントロール部の2段にした。マイクアンプ電源の乾電池は006P9Vを内蔵して、マイク入力の配線は一心シールド線を使用して、念のためフェライトコアに通した。

〇 左は後面、右は右面

4. 切替器正面パネルと後面パネル

正面は化粧パネルにして、切り替えスイッチは持ちやすい大きなつまみを正面に配置、右下は電源スイッチとマイクゲインコントロールのつまみを付け、その上 部に電源ON時のLEDを付ける。左側下は4ピンの入力用マイクコネクタとジャックを付けて、PTTスイッチと上部にPTT、ON時のLEDを付ける。

後面は6個の出力マイク用マイクコネクタを配置、下部にリレー作動電圧に合わせて外部電源入力用ジャックを付ける。上記手書きノートにはないが、後部にもマイク入力コネクタとジャックおよびPTTコントロール用ジャック(フットスイッチ用)などを付ける。

〇 左は正面、右は後面

この切替器を自作してから交信を始める前にマイクの付け替えが必要なくなり、大変重宝している。また、一番心配していたノイズなどもなく、ローカル局は、「大変クリアな音だ!」とのことで安心している。


page_top