WordPress ワンクリック更新の方法

WordPressを更新するには、次の3つの方法がある。

① 自動バックグラウンド更新
WordPress 3.7以降では、マイナーな更新では何もしなくても更新が適用されるが、メジャーな更新ではダッシュボードからの下記②のワンクリック更新が必要になる。

② ワンクリック更新
WordPress 2.7以降では、メニュー画面のダッジュボードからWrodpressの更新が実行できる。

③ 手動更新
WordPress内の必要なファイルは残して、不要なファイルは削除し、更新ファイルを入れるなどしてWrodpressを手動で再構築する。一番手間がかかる方法である。
なお、更新の詳細については、日本語Codexの「WordPress のアップグレード/詳細」を参照のこと。

ここでの更新は、WordPress 4.1からWordPress 4.1.1へ更新したもので、XAMPPザンプなどの実行パッケージを使用していない独自で構築した環境で、上記項目②のワンクリック更新で実施したものである。

1. 更新前は、バックアップを取る

WordPressのフォルダーごと別の場所にそっくりバックアップしておく。更に、WordPressにはエクスポート・インポートのプラグインが標準で入っているので、ダッシュボードのツールからエクスポートする。

2. 全てのプラグインを停止する

●停止の手順 ダッシュボード➔プラグイン➔インストール済みプラグイン 「プラグイン」に☑チェックを入れ、上部の「一括操作」のタブを「停止」にして「適用」をクリックすると全てのプラグインが停止できる。

全てが停止できたら、「選択したプラグインを停止しました。」と表示されるので確認する。

3. 更新を実施する

●更新の手順 ダッシュボード➔更新「WordPressの更新」で、青いボタンの「今すぐ更新」をクリックする。低スペックのPCでは多少の時間がかかる場合がある。

更新が終了すると、下記の画面「WordPress4.1.1へようこそ」になる。

4. 更新前に停止したプラグインを有効化する。

●有効化の手順 ダッシュボード➔プラグイン➔インストール済みプラグイン 「プラグイン」に☑チェックを入れ、上部の「一括操作」のタブを「有効化」にして「適用」をクリックすると全てのプラグインが有効化される。

全てのプラグインが有効になったら、「選択されたプラグインを有効化しました。」になるので確認をする。

5. 全てを確認する

今まで投稿した画面を表示してみて変化がないことを確認する。また、プラグインによってはリセットされている場合があるので、確認してリセットされているプラグインが有る場合は、再セッティングする必要がある。

page_top