SDRSharp ダークモードなどのスキン変更が可能に

SDRSharp rev:1732

写真

RTL-SDR ドングルを使用した SDR ソフトでは、多くの人に使用されている SDRSharp は、rev:1717 (2019/09/20) を正式にリリースした。このリビジョンから、UI コンポーネントのカスタマイズを可能にし、見栄えの良いダークモードなどのスキン変更を可能にした。また、プラグイン開発には API が追加され、特別なボタンなどの追加や削除が素早くアクセスできるようになった。

その後、不具合の修正や矢印キーでスライダーの変更などを追加し、現在記事にしているリビジョンは rev:1732 となり、だいぶ安定してきたところである。

そこでこのページでは、Windows 用の SDRSharp のダウンロードとインストール方法を、Windows 10 の画像を用いて記すことにする。

関連記事

SDRSharp ソフトウエアラジオの導入

SDRSharp に Accessibility プラグインを付ける

1、SDRSharp のダウンロード

公式サイト AIRSPY (エアスパイ) から Windows 用の SDRSharp をダウンロードする。

任意でかまわないが、デスクトップにダウンロードした SDRSharp の zip ファイルを入れるフォルダーを作成する。ここでは、[SDRSharp 1732] フォルダーを作成した。

以下の URL から Windows SDR Software Package の右側 [Download] をクリックして、作成したフォルダーに入れる。

➡ SDRSharp Windows用 Download URL: https://airspy.com/download/

写真
2、Package の解凍とインストール

ダウンロードした [sdrsharp-×86.zip] を解凍すると、フォルダーは生成されないため、必ず作成したフォルダー内で解凍し、そのフォルダー内に生成されたバッチファイルでインストールを実行する。

ダウンロードした [sdrsharp-×86.zip] を、フォルダー内で解凍する。

写真

フォルダー内に生成された [install-rtlsdr.bat] を、ダブルクリックしてインストールを実行する。

写真

ダブルクリックするとバッチファイルが起動し、コマンドプロンプトの画面が立ち上がり、インストールが開始される。

インストールが終了すると、[続行するには何かキーを押してください...] のメッセージが表示されるため、何かキーを押すとコマンドプロンプトの画面が消えてインストールが終了する。

写真
3、RTL-SDR USBドライバーのインストール

RTL-SDR USB ドングル用ドライバーがインストールされていない場合は、使用するドングルを USB ポートに差し込み、ドライバーをインストールする。すでにインストールされている場合は、項目4 へ進む

Package を解凍したフォルダー内の一番下に、ドライバーのインストーラー [Zigig.exe] が生成されているため、ダブルクリックしてインストーラーを立ち上げる。ユーザーアカウント制御のダイアログが表示されたら [OK] をクリックする。

インストーラーのダイアログが表示されたら、[Options] をクリックし、表示されたダイアログから [List All Devices] をクリックする。

写真

PC 内のすべてのデバイスが表示されるため、USB ポートに差し込んである [RTL-SDR USB ドングル デバイス] をクリックして選択する。

間違って他のデバイスを選択すると、PC に不具合が生じる恐れがあるため、確実性がない場合は良くリサーチしてから選択する。

ここで使用しているデバイスの表記は、 DVB-T+FM+DAB 820T2&SDR のため、下画像の RTL2838UHIDIR のデバイスを選択した。

写真

ドライバーのインストールダイアログでは、 [Reinstall Driver] ボタンをクリックして、選択したデバイスドライバーをインストールする。

写真

ドライバーがインストールされたら [Close] をクリックして、インストーラーを終了する。

写真
4、SDRSharp の起動

スキン変更が可能になった新しい SDRSharp を起動する。

Package を解凍したフォルダー内の実行ファイル [SDRSharp.exe] をダブルクリックして起動する。

写真

起動したら、左側のプルダウンメニューの最上部 [▼ Source: AIRSPY] をクリックし、さらに入れ子プルダウンメニューをクリックする。

写真

入れ子プルダウンメニューが開いたら、メニュー内から使用する USB ドングルデバイスを選択する。ここでは、RTL-SDR(USB) を選択した。

選択するとプルダウンメニューの表示が [▼ Source: RTL-SDR(USB)] のように変わり、入れ子メニューも [RTL-SDR(USB)] のように変わる。

写真

下の画像は、SDRSharp rev:1732 を起動し、アマチュア無線の 7MHz 帯 LSB を受信している画像である。また、下の画像にツールバーが見て取れるが、スキン変更前のツールバープラグインは表示しないため、スキン変更後に対応した新しいツールバープラグイン SDR# Accessibility Plugin をインストールして使用している。

写真
5、最後に

SDRSharp rev:1732 時点での古いプラグインは、ダークモードをサポートしていないために、レンダリングの問題が発生して文字が見えなくなる不具合が生じている。

いずれにしても、プラグインを開発する場合は、Telerik UI コンポーネントを使用するか、古いコンポーネントの表示プロパティの設定変更など、適切にレンダリングすることにより、新しいスキンのサポートがなされるよう期待したい。

page_top