アマチュア無線取得アワード

JM1XTKがアマチュア無線で交信し、現在までに取得をしたアワードです。このアワードは、取得をしたいと思って得たものではなく、交信してQSLカードを収集したものの中から申請して得たものです。取得をしてから年月がたっていますが、現在取得をしようと思っても諸々の事情などにより、取得ができないアワードがあります。



★ 海外の取得アワード

※ アワード画像上でクリック拡大、拡大画像右上の(×)で閉じる。


アワード名 【 P6K 】

◆発行国 : 旧ソビエトUA
◆発行者 : CRC & USSR (連盟)
◆ルール : シングルモードで、6大陸の各局+USSRのヨーロッパ地区3局+USSRのアジア地区3局、計12局と交信して、QSLカードを得る。


アワード名:【 S6S (Spojeni Se 6 Svetadily)】

◆発行国 : 旧チェコスロバキア OK
◆発行者 : Sentral Radio Club
◆ルール : 6大陸と同一モードで交信して、各大陸により1局ずつのQSLカードを得る。


アワード名:【 WAC (Worked All Continents)】

◆発行国 : アメリカ合衆国
◆発行者 : IARU International Amateur Radio Union
◆ルール : 世界の6大陸と交信して、それぞれのQSLカードを得る。


アワード名:【 WAC-21 (Worked All Continents)】

◆発行国 : アメリカ合衆国
◆発行者 : IARU International Amateur Radio Union
◆ルール : 世界の6大陸と交信して、それぞれ21MHz帯のQSLカードを得る。


★ 国内の取得アワード

※ アワード画像上でクリック拡大、拡大画像右上(×)で閉じる。


アワード名 【 ADXA-HALF 】

◆発行者 : JARL 一般社団法人 日本アマチュア無線連盟
◆ルール : アジア州内の日本を含む30エンティティーのアマチュア局と交信(SWLは受信)して、QSLカードをそれぞれのエンティティーのアマチュア局から各1枚得る。


アワード名 【 WAJA 】

◆発行者 : JARL 一般社団法人 日本アマチュア無線連盟
◆ルール : 日本国内の1都1道2府43県のアマチュア局と交信(SWLは受信)して、QSLカードをそれぞれの都道府県のアマチュア局から各1枚得る。


アワード名 【 JCG-100 】

◆発行者 : JARL 一般社団法人 日本アマチュア無線連盟
◆ルール : 日本国内の異なる100~500郡のアマチュア局と交信(SWLは受信)して、QSLカードをそれぞれの郡のアマチュア局から各1枚得る。申請要件の100局を単位としたアワードに対して,追加の50局ごとにステッカーが発行される。


アワード名 【 WARC'79-18 】

◆発行者 : JARL 一般社団法人 日本アマチュア無線連盟
◆ルール : ワークバンド18MHz帯で交信して、79局のQSLカードを得る。
WARC79(1979年のWorld Administrative Radio Conference―世界無線主管庁会議)で合意され新設されたバンド、1993年よりWARCはWRC(World Radio Conference―世界無線通信会議)に機構改革された。


アワード名 【 WARC'79-24 】

◆発行者 : JARL 一般社団法人 日本アマチュア無線連盟
◆ルール : ワークバンド24MHz帯で交信して、79局のQSLカードを得る。


< 取得時の写真 >

World Administrative Radio Conference(世界無線通信主管庁会議)で、世界の周波数割り当てが決められているが、10MHz帯・18MHz帯・24MHz帯がこの会議で決定し、1989年7月1日に割り当てになった。これらのバンドをWARC(ワーク)バンドという。割り当てになってすぐに開局したが、QRVの局が少なくQSOに苦労したのを記憶している。割り当てから約2年後に18MHzと24MHzを完成した。


アワード名 【 430MHz-100 】

◆発行者 : JARL 一般社団法人 日本アマチュア無線連盟
◆ルール : 430MHzアマチュアバンドにおいて、異なる100局のアマチュア局と交信(SWLは受信)して、QSLカードをそれぞれのアマチュア局から各1枚得る。


アワード名 【 AJD-7 】

◆発行者 : JARL 一般社団法人 日本アマチュア無線連盟
◆ルール : 日本国内の10コールエリアのアマチュア局と交信(SWLは受信)して、 7MHzのQSLカードをそれぞれのコールエリアのアマチュア局から各1枚得る。


アワード名 【 AJD-18 】

◆発行者 : JARL 一般社団法人 日本アマチュア無線連盟
◆ルール : 日本国内の10コールエリアのアマチュア局と交信(SWLは受信)して、18MHzのQSLカードをそれぞれのコールエリアのアマチュア局から各1枚得る。


アワード名 【 AJD-21 】

◆発行者 : JARL 一般社団法人 日本アマチュア無線連盟
◆ルール : 日本国内の10コールエリアのアマチュア局と交信(SWLは受信)して、21MHzのQSLカードをそれぞれのコールエリアのアマチュア局から各1枚得る。


アワード名 【 AJD-24 】

◆発行者 : JARL 一般社団法人 日本アマチュア無線連盟
◆ルール : 日本国内の10コールエリアのアマチュア局と交信(SWLは受信)して、24MHzのQSLカードをそれぞれのコールエリアのアマチュア局から各1枚得る。


アワード名 【 QSOパーティー 】

◆発行者 : JARL 一般社団法人 日本アマチュア無線連盟
◆ルール :1月2日9時から3日21時までの36時間、2日間にわたりQSOパーティーに参加、20局以上と完全な交信(SWLは20局を受信)し、JARL制定のサマリーシートとログシートを使用して、1月31日までにJARL会員課あてに書類を提出すると、その年の干支のステッカーが送られてくる。

アマチュア無線の免許がなくても、アマチュア無線が受信できる受信機や短波ラジオを使えば、SWL部門(受信部門)に参加できる。周波数帯は、すべてのアマチュアバンドを対象とする。みごとに十二干支を達成するには12年かかるが、QSOパーティーに1回でも参加ができないと12年後になる。

◆ルールの詳細 : JARL QSOパーティー規約


< QSOパーティー記念盾(1992年当時)>

◆発行者 : JARL 一般社団法人日本アマチュア無線連盟
◆申請先など : JARL QSOパーティー記念盾係


page_top