●世界中の人々と対等に会話ができるアマチュア無線

1980年6月にアマチュア無線技士免許を取得、JM1XTKのコールサインで横浜市緑区で開局して運用を開始しました。1988年4月に川崎市麻生区へ住居移転、同年6月に運用場所を同地へ変更して現在に至ります。

運用周波数は3.5MHzから1200MHz帯、主に運用する周波数帯は特に決まっていません。現在良く使用する無線機は、HF帯は、ICOM IC-775DXⅡやKENWOOD TS-950S、VHF帯はICOM IC-746、UHF帯は、YAESU FT-730MX等です。

ハムログの管理はハムの定番でもある、JG1MOU 浜田OMの「Turbo HAMLOG」 を使用させて頂いております。

アンテナは、LUSOのクランクアップタワー「MW-22」に載せています。アンテナの最先端までの地上高は約31メートルです。初期のアンテナは殆ど自作でしたが、近年は自作の気力が無くなり全てが市販品です。3.5MHzは、クリエートCD-78、7MHz〜28MHzはナガラTA-351-40、50MHzはコメットCA52HB4、144MHz〜1200MHZは、ダイヤモンドX-7000を使用しています。

さあ〜貴方も世界中の人々と対等に対話ができるアマチュア無線を始めてみませんか?、貴方とお会いできることを楽しみにお待ちしています。

それでは、お空でお会いしましょう・・・!

●グローバル化時代に飛び込めるツール!

アマチュア無線の友人が、1976年にNECから発売されたトレーニングキット(TK-80)を、購入したというので見に行ったのがきっかけになり、1982年にシャープからMZ-2000が発売され、何とか購入できる金額になってきたので購入しました。これが最初に手にしたコンピュータで、今でもこの画像を見ると懐かしくなります。

現在のコンピュータは自作するよりも安価で購入できるのですが、パーツ交換が容易なこともあり、全てのディスクトップは自作に拘っています。

ニュース閲覧やメールのやり取り、画像編集やデイトレ、Webサーバ等々幅広く使用しています。貴方は、グローバル化時代に飛び込んでいますか・・・?。

●庭に咲かせた美しい花に寄り添う四季折々の昆虫

妻が庭に四季折々の花を咲かせていますので、四季に応じた昆虫等が花を目当てに寄ってきます。美しい花には棘は ありません・・・?。

●月下美人は名前のごとく美しい花

妻が大切に育てている月下美人は、葉状茎の丈が概ね1メートル以上に達するとつぼみの形成が見られ、花は夜に咲き始め翌朝までの一晩でしぼむ不思議な花です。花冠は20センチから25センチ程度で、白くて強い香を出し、コウモリの媒花を待つのだそうです。月下美人は「1年に1度しか咲かない。」とか「新月の夜にしか咲かない。」などの俗説が流布していますが間違いです。今年は新月ではない日に数えきれないほど咲きました・・・!。

page_top